コーヒーが好きな人に向いている職業

コーヒー好きであればカフェなどで活躍するバリスタがおすすめです。バリスタはコーヒーの専門家として、幅広い知識と技術を持ち合わせお客様に満足してもらう一杯を提供します。日本では海外の大型カフェチェーンの参入からバリスタの知名度が高まりましたが、コーヒー好きで他にもカップテイスターという職業があります。コーヒーの知識が豊富なだけでなく、ワインのソムリエのような存在でコーヒーの香りや味わいなど、さらには収穫から輸入に関することまでさまざまなチェックを行う仕事を行います。

資格が取得できるバリスタ専門学校【卒業後の進路も様々】

バリスタ

バリスタとは

バリスタは、イタリアではアルコールなども提供するカフェで飲み物を提供するスタッフを意味していますが、日本ではカフェなどでコーヒーの専門家というイメージが強いです。もともと日本にバリスタという言葉が使われるようになったのは、シアトル系の大手コーヒーチェーン店が参入しスタッフをバリスタと呼んでいたことから徐々に定着するようになりました。コーヒーは専用機械にて挽かれたコーヒー豆を抽出していきますが、選ぶ豆の種類や焙煎の度合い、挽き方などさまざまな方法によってコーヒーの味わいは違いが出ますが、小規模なカフェなどではバリスタが豆の選定から焙煎の度合いの指示なども行っていきます。

コーヒー

バリスタになる為に必要な資格

バリスタになるための資格は必要がないため、知識や技術を積み重ねてお客様に喜ばれる一杯を提供することが可能です。ただし、機材や道具、コーヒー豆など購入することになるため独学で学ぶためには費用負担がかかります。気になるカフェや憧れのカフェがある場合には求人をチェックしてみたり、ときには自分で直接スタッフとして修業をさせてもらえたりするかを尋ねてみましょう。直接現場に携わることによって、知識と技術を身につけることができます。

コーヒー

バリスタ専門学校の選び方

バリスタになるためには、現場となるカフェで修業を積むだけでなく、専門学校にて学ぶことを選ぶ人も少なくありません。専門学校ではコーヒーの基礎知識だけでなく、バリスタとしての心構えや女性に人気があるラテアートの技術も学べる学校もあります。バリスタの知識や技術だけでなく、カフェの経営を学べる学校もあるため、自分でカフェを経営したいという場合には学部などにも注目してみましょう。専門学校は一般的には2年間制で週5日のカリキュラムが組まれていますが、夜間制や週3日程度の通学という学校あります。働きながら専門学校に行く場合には夜間制や通学日数が少ない学校を選ぶことも検討してみましょう。

男女

バリスタ専門学校の学費について

バリスタの勉強はカルチャースクールやセミナーなどで開講される講座でお手軽に学ぶ方法や1年または2年制の専門学校に通う方法もあります。お手軽なスクールでは1,000円程度の参加費用でコーヒーのことを学ぶセミナーや淹れ方などを学ぶセミナーなどが開催されています。1~2年制の専門学校では100万超え~300万円程度の学費が必要です。専門学校によってはインターンとして働きながら学ぶこともでき、学費を抑えながら経験も積むことができる制度を利用することも可能です。

バリスタとして活躍できる就職先

コーヒー

コーヒー専門店やレストラン

コーヒー専門店やレストランで活躍することできます。お店によってメニューも違いますし、バリスタとして行う業務が異なりますが、お客様への接客スキルと知識と技術で最高の一杯を作り上げます。

オーナーとしてお店を立ち上げる

お店に勤めるだけでなく、バリスタとして個人店舗を経営するオーナーバリスタも少なくありません。自分好みのお店を作りあげることができますが、修行を積んでから独立の道を選ぶことが成功の鍵となっています。

大手コーヒーチェーンでの勤務

スタッフをバリスタと呼ぶ大手コーヒーチェーン店もあります。コーヒーチェーン店といえども、お客様はコーヒーが好きで美味しいコーヒーを求めて来店します。コーヒーの知識と技術が必要となります。