HOME>体験談>調理の知識は専門の高校で身につけよう【専門高校の魅力】

調理の知識は専門の高校で身につけよう【専門高校の魅力】

女性

将来、調理師として働きたいと考えるのであれば専門学校へ通うのが一般的とされています。しかし、最近では高校でも調理師として学べる学校があるので、早めに知識を身につけたいという人は専門高校への進学を検討してみるとよいでしょう。

レビュー

料理を一から学ぶことが出来るのでおススメ![10代 男性]

小さい頃から料理人になることが夢で、できれば中学を卒業して料亭に修行に行きたいと考えていました。しかし、両親が高校ぐらいは卒業しておいた方が良いというので色々探してみたところ、調理が学べる高校があることを知りました。そこなら、料理を一から学ぶことができるので自分のやりたいことができると受験しました。高校には見事合格し、同じ志を持つ仲間と楽しい学生生活を送っています。授業では、一流レストランや老舗料亭など、現役のシェフや板前さんが講義に来てくれることもあり刺激的です。また、調理師の免許を取得することができたので、すぐに料理人として働ける資格も手に入れました。夢に向かって後押ししてくれる学校に通えて幸せです。

就職支援が手厚いのが嬉しい![10代 女性]

小学生の頃からお菓子作りが大好きで、将来はパティシエになりたいと希望しています。高校に進学して、その後調理専門学校などに通うという選択肢もありましたが、将来の夢が揺らぐことはないので調理が学べる高校へ進学することにしました。お菓子作りだけでなく、料理に関する知識や技術をたくさん学べ、授業内容も充実しています。何よりも就職支援が手厚く、毎年たくさんの卒業生がホテルや高級レストラン、料亭などに就職しているのが心強いです。まだまだプロの料理人として働くには力量が足りませんが、将来役立ちそうなことをたくさん学べているので、普通科の高校に行かず調理科のある高校を選んで正解でした。希望の職に就くための最短距離の気がしています。