HOME>人気記事>調理を仕事にしよう【専門学校で資格を取得】

調理を仕事にしよう【専門学校で資格を取得】

男女

調理の専門学校で学べること

調理の専門学校では、調理師免許の取得を目指し学んでいきます。包丁の使い方などの調理の基本から仕込みや調理、仕上げなど調理の技術だけでなく、衛生面や食の安全なども学んでいきます。料理人は免許がなくても働くことは可能ですが、調理師免許を取得することによって、就職や転職時に役立ち、給与面などの待遇にも大きくかかわってきます。洋食や和食などのさまざまな調理方法や技術を学ぶことができ、専門学校で学ぶ技術や知識は食のプロとしてしっかり身につけることができます。

調理師と栄養士の違い

安心・安全な美味しい食事を作る調理師

調理師はレストランや飲食店、ホテル、学校などさまざまな調理場で、食の知識や技術を使って調理を行います。調理される料理は味だけでなく、安全・安心に作るということも必要なスキルとなっています。

健康的な食生活をアドバイスする栄養士

栄養士は栄養のバランスが取れたメニューを作り食事や栄養の指導や改善、健康的な食生活を送るアドバイスしていきます。栄養士は学校や官公庁、保健所などで栄養指導を行ったり、食品会社や大学などで研究員として業務を行ったりするなどさまざまな場所で活動しています。

飲食業界で活躍したいなら調理を学ぼう

調理を本格的に学ぶことによって、栄養面や調理方法、さらには衛生面などの食の安全に関することまで幅広い知識と技術を身につけることができます。自宅で趣味で行うのではなく。飲食業界にてプロとして活躍するためには、調理を学び美味しく安全な料理をお客様に提供することができるようになります。

調理に関する資格

調理

食品を扱うお店には食品衛生責任者

食品を扱うお店を営業するためには、食品衛生責任者の設置が必要です。食品衛生責任者は、営業許可を受ける施設ごとに1名以上の設置が必要で、食中毒や食品衛生法の違反をしないために管理・運営を行います。

新しい食に関わるフードコーディネーター

フードコーディネーターは新しい食の楽しみ方や環境を提案していく仕事で、食のトレンドやブランドを開発や演出、運営を行っていきます。企業と共にレシピを考案やアドバイスを行ったり、料理番組や雑誌の料理コーナーなどのメディアへの出演や料理教室の講師など活躍したりしています。

食の問題を科学の力で解決するための人材を育成する食品安全検定

食の安全に関わる検定のなかでも新しい検定です。食の安全・安心に対しての信頼性を高め、食の生産や加工、製造・販売にて問題が発生したときに科学の力を使って解決していく力を養って、安全な食文化を作るために役立つ人材を育成するための検定です。